骨ウェーブ(超音波式)

骨ウェーブで骨チェックをしませんか?
手軽で簡単に骨の健康度・元気度を測定します。

骨の相対的な健康度を測ることで、骨呼吸の相対的亢進は、性ホルモンの低下によって加速されるので、閉経後の女性に多く、さらに女性は男性に比べて骨量が少ないため、形成・呼吸のバランスが崩れ易いとされています。骨ウェーブのレンタル・販売で骨を測定することで大腿骨や椎体骨の骨折の多い高齢者に対して、注意を促す必要があります。骨ウェーブのレンタル・販売で骨の健康度を測定することは寝たきりや、生活の質を著しく改善することも可能となる。高齢者の女性は60才代女性の3人に1人、70才代女性の2人に1人の割合いで骨障害が多く、普段から骨ウェーブのレンタル・販売で骨の健康度を測ることをお勧めします。

骨ウェーブのレンタル・販売で骨の健康度を測定することで、骨粗鬆症の栄養系であるエストロゲンの低下を早く発見出来て、加齢に伴なう腎機能の低下をも知ることができる。骨ウェーブのレンタル・販売で測定することで発見可能となるのは、更年期におけるエストロゲン分泌量の低下が認められ、それによって、ほとんどの女性が骨密度の低下が同時に認められる。

骨ウェーブのレンタル・販売で骨の健康度を測定することで、恒例の男性のテストステロンの量の減少の為、骨密度の低下につながると考えられます。テストステロンは別名男性ホルモンとも言われ、若さを保つホルモンとも言われています。骨粗鬆症を予防するには基本的に運動と食物の内容が重要であり、又、地域で行なう健康イベント等の時に骨ウェーブレンタルで積極的に測定して、健康チェックすることが望ましい。特に65才以上の女性は転倒やふらつきがあった場合は骨ウェーブのレンタル・販売でそのリスクを測り、骨粗鬆症の診断を受ける必要があります。

骨ウェーブのレンタル・販売での測定は、従来のようにストッキングや靴下を脱ぐ必要が無いため、手軽に測定することができます。骨ウェーブの測定部位はトウ骨です。骨ウェーブのレンタル・販売で実際に測定する時は、位置決め固定棒を軽く握って、数回上下させ測定部位を決めて下さい。

手の小さい人は、測定部位をトウ骨中心とするために、高さ調整スペーサーを使用して下さい。このことで骨ウェーブのレンタル・販売での測定精度がアップされます。

骨ウェーブのレンタル・販売の超音波で骨を測定する場合、超音波が透過する媒体によって音速が変化するという性質を利用します。一般に生体の皮質骨の音速は約3,000m/s、皮膚や骨髄などの軟組織では約1,500m/sです。骨ウェーブのレンタル・販売で測定する場合はつまり前述の通り、海綿骨は皮質骨と骨髄の複合体であるため、皮質骨の割合が多い(骨密度が高い)ほど音速が高くなります。骨ウェーブのレンタル・販売で測定する場合は逆に皮質骨の割合が少ない(骨密度が低い)ほど音速は低くなります。骨ウェーブでもこの性質を測定原理としています。骨波形指標とは、骨ウェーブ独自の指標で、主にプローブ間を透過する速度から求められる指標です。加齢と共に身体全体が老化していくのは仕方ありません。骨も身体の一部ですから年をとります。

骨ウェーブのレンタル・販売で測定する場合は骨粗鬆症はそれが原因で起きる骨の病気です。自覚症状がなく、無症状で進行していき、実際には「骨折」して初めて気がつく病です。骨ウェーブのレンタル・販売で測定する場合は若い頃より身長が縮んだ背中が曲がってきた。背中や腰が痛い等はすでに骨粗鬆症になっているかもしれません。骨ウェーブのレンタル・販売で測定する場合は50歳を過ぎたら、特に女性は閉経を迎えますので、ホルモンバランスが崩れますので定期的に骨の健康度を骨チェックしましょう。骨の健康度を保つには、日頃の食生活と適度な運動習慣を身につけて、健康な毎日を送りましょう。

付属の説明パネル

  • 測定方法

    クリックで拡大表示できます。
  • 測定結果

    クリックで拡大表示できます。

1.操作が簡単で手軽に扱うことができる
2.定期的なチェックで『骨折』などを未然に防ぐことができる

骨ウェーブのレンタル・販売で骨を測定すると何がわかるのか?

骨の健康度とは一体どのようなことでしょうか。日本は長寿国であるとよく言われていますが、「平均寿命」と「健康寿命」と言う二つの言葉があります。健康イベントで測定すると前者は所謂平均の寿命ですが後者は人に助けられなくても日常生活を送れる平均寿命のことなどが分かります。

では健康的な生活を送ることが困難になる原因はどんなことでしょうか。

介護が必要になった主な原因を見ると、1位が脳卒中(18.5%)、2位が認知症(15.8%)、3位が衰弱(13.4%)、4位が骨折・転倒(11.8%)、5位が関節疾患等です。骨折・転倒はわずか11.8%と思うかもしれませんが骨折をしなかったとしても、一度、転倒を経験してしまうと歩くことを恐れて「転倒後症候群」に陥ることもあります。さらに動かなくなってしまうことによって、メタボリックシンドロームになり高血圧・高脂血症・糖尿病と言った、生活習慣病になったりします。それ以外にも認知症やうつ病になり易いと言ったリスクも指摘されています。

骨を丈夫に保つためには、骨ウェーブのレンタル・販売で測定して骨がどうやって作られるかを知っておく必要があります。骨は20歳頃までに作られ、40歳頃までには一定の骨量を保っていますが40歳を過ぎた頃には骨量は徐々に減少していきます。日常生活でいかに骨の健康に気を配り、身体全体の健康バランスを保っていけるかがテーマとなっています。骨の健康度を保つには、日頃の食生活と適度な運動習慣を身につけて骨チェックをすることが重要です。

骨ウェーブのレンタル・販売で骨を測定して骨の健康を保つ為には高齢になってからの栄養と運動は勿論大切ですが、若い頃からの「骨づくり」が重要とされています。骨折により動けなくなったり、骨粗鬆症になったりして、健康生活に支障を来したりします。骨の健康を保つ為の骨の成り立ちや栄養素について考えてみましょう。骨粗鬆症とは骨の量が減り、骨がスカスカになってしまう疾患です。痛みなどはなく、知らない内に骨折を起こす原因です。

骨ウェーブレンタルして、骨の健康度を測ることで、骨の健康にとって大事なことは、生活習慣病でもある糖尿病や動脈硬化が原因となっていることが多くあります。骨の健康はまずは第一に生活習慣にあります。ダイエットによる栄養不足や、カルシウム不足、運動不足又、喫煙や過度の飲酒が骨の健康を妨げることになります。

しかし、骨の健康にとって、どうしても避けられない加齢や閉経の場合を除き、自分の意思で改善することが可能となります。骨粗鬆症の予防の為、自らの骨の健康に配慮して今から出来ることをはじめましょう。また、骨ウェーブのレンタル・販売で骨の健康度を測ることで、骨の健康維持には、牛乳や小魚を摂取し、カルシウムとビタミンDを積極的にとることが重要となります。そして、日光浴をして紫外線をあびることで骨の健康に役立ちます。

印刷結果例

骨粗鬆症

骨粗しょう症の「しょう」は「鬆」と書き、「す」とも読みます。背骨の断面は回りが緻密骨で、内部は海面骨と呼ばれる蜂の巣状の構造をしています。骨粗しょう症になると、この海綿骨が徐々に「す」が入り、スカスカになっていきます。このことで、骨の強度が低くなり、転倒した時などに、骨折してしまうことがあります。骨ウェーブのレンタル・販売で骨の健康度を測ることで、年齢と骨密度の関係は20歳までに、最大骨量をいかに増やすかがポイントであることが分かります。

また、骨ウェーブのレンタル・販売で測定することで骨を形成する一番大事な時期でなので、食生活では特にカルシウムの摂取、カルシウムの吸収を助けるビタミンDの摂取、バランスのとれた食事、適度な運動、日光浴が必要となることが分かります。(骨粗しょう症の3原則)よって、くれぐれも無理なダイエットなどをしないことが重要です。

また、骨ウェーブのレンタル・販売で骨の健康度を測ることで、骨密度は45歳位から加齢と共に減少するので、バランスのとれた食事(健康サプリメント等含む)、適度な運動、日光浴によって、いかに現状を維持するか、また、減少量を抑えるかが重要なポイントなります。(骨の組織は約3年のサイクルで新陳代謝するので、骨粗しょう症の3原則を怠ると衰えが加速されます)

よくあるご質問

Q.骨ウェーブのレンタル・販売はどこで行っていますか?
A.㈱サンクリアで賜っています。

Q.お見積りはもらえますか?
A.レンタルは3日間ご使用で5万円(正味使用日)です。
販売価格はお見積りをお出しします。

Q.発送不可な地域はございますか?
A.全国どこへでも発送いたします。
料金は、1,000円~2,000円程度です。

Q.機械の操作は難しいでしょうか?
A.操作は簡単です。
どなたでも手軽に操作することができます。

PDFをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要になります。
最新版のダウンロードは下記よりどうぞ。

お得なパッケージ料金

この商品を見た人におすすめの商品

お問い合わせ